スポンサーリンク

「疫病退散!」「開運幸せ!」の祈りのパワー!

健康法
 今年は、2月の「節分の豆撒き」や5月の「鞍馬山のウエサク祭」の一般参加はなくなりました。 又、神社での「春祭り」や「夏祭り」も中止になった所が多いです。 「お祭り」は、神様や人々との和(コミュニケーション)を深める大切な場所です。去年の「KOBEルミナリエ」も中止になりましたし、今年12月の「KOBEルミナリエ」も中止になりました。ルミナリエは霊を鎮める「阪神淡路大震災の鎮魂の場所」だったのに残念です。 多くの「お祭り」や「イベント」は、ただ人々が集まるだけのものではありません。 「お祭り」こそ、 神様と繋がるイベントそして「癒し」そのものです。「その多くの方々の祈りのパワー」こそ、日本の「平安」を願い、皆の「幸せ」、「健康」を願う事に繋がります。 「お祭り」好きのホウホウにとって、あの「戎さん」も「初詣」も、屋台が1店舗も出ていないのを見てガッカリしました。特に神社仏閣の大きな「お祭り」では、関係者が死ぬ思いで修行して、「お祭りの当日」には、その祭りに関係する関係者は、地域の安全と地域の発展、多くの方々の幸せを体力が続く限り望みます。(朝、水行をするところもある) ここで言っておきますが、真面目に修行した「神職の方やお坊様のパワー」は強いです。何故なら、修行中に精神力がアップして、神様と簡単に繋がれる様になれるからです。 特に「疫病」は、想念の力に作用されやすいものです。恐がる

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました