スポンサーリンク

クリニック開業に出口戦略はあるのか?

その他ドクター
 投資で最も大事なのは出口戦略だという。始める前に出口をイメージしておくことが成功のポイントである。クリニックでも同様のことが言えるのではないか。まだ開業もしていないのに出口を考えるのは早すぎる気もするが、知っておいて損はない気がする。今回はクリニック開業の出口戦略について。 目次クリニックのリタイアのしかたクリニックのM&A事業の目標を立てるクリニックのリタイアのしかた どうやってクリニックをリタイアするか。一般的にリタイアのパターンは4つあるという。 廃業親族継承従業員継承第三者への売却(M&A) >>中小企業の将来の戦略としてM&Aという道を模索してみよう! 最も避けたいのは、後継者がいないのでリタイアできないという状況である。しかし親族継承や従業員継承は不確定要素が大きい。親子継承へのこだわりが強すぎると、往々にして親子関係がギクシャクしてしまいます。進路選択を強制され、自分の人生設計に口出しされた子は、当然のことながら親への反発や不満を抱えることになるでしょう。開業医のためのクリニックM&A となると廃業かM&Aという選択肢が残る。金銭的なことを考えるとM&Aが理想的ではある。 ベンチャー企業などでは、会社を大企業に売却して大金を手にすることが起業の

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました