スポンサーリンク

気にしない練習~減らそう、手放そう、忘れよう

その他ドクター
ブログランキングに参加しています。皆様の応援クリックが励みになります!

本屋さんでふと目について手に取った一冊。住職である名取芳彦(なとりほうげん)氏著「気にしない練習」。本章では、「気にしない人」になるために、うつうつ、イライラ、クヨクヨ…から抜け出し、晴れ晴れとした毎日をつくるための心のトレーニング法を、仏教的な視点から紹介されています。

裏切りなんて”当たり前”のようにある
手柄なんて、人に譲ってしまえばいい
たくさん失敗した人は、優しくなれる
後悔の数だけ正直者に近づいていく
順境もよし、それと同じくらい、逆境もまたよし
みんな「自分のこと」で精一杯なのです
嫉妬を感じるのは、「自分が今、幸せではないから」
いいことも、悪いことも「いつか終わる」
等々…、なるほどとふっと肩から力が抜けるような、ホッとする言葉がちりばめられています。最終章では、「今」「ここ」を大事に生きるとして、生き方のヒントが書かれています。結局、確かにあるのは過去でも未来でもなく、今この瞬間だけなのです。自己啓発や成功哲学などで知られる偉人たちが、共通して訴えていることは「今を生きること」の大切さです。一瞬一瞬の今の積み重ねが人生を豊かにし、花開かせていきます。
 
ところで、マインドパワー(ハンドヒーリング)は、今を生きるための具体的かつ強力なツールです。自分の手で人を癒してみると

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました