スポンサーリンク

”動じない心”で生きる

その他ドクター
ブログランキングに参加しています。皆様の応援クリックが励みになります!

皆さんは、何かあったときにすぐに反応してしまう自分に嫌気がさしたことはないでしょうか?生きていればいろんなことがあります。嬉しいこと、楽しいこと、辛いこと、哀しいこと、苦しいこと…。そんな中で私たちは、不安になったり、落ち込んだり、怒ったり、舞い上がったり、人の心は常に揺れ動いています。
どんな時も動じない心を持つことができれば、生きることもずっと楽になるのではないでしょうか。
上西聰氏著『人生がうまくいく!「動じない心」の作り方』。本書はどんなことがあっても「動じない心」で前向きに生きるために必要な心構えを、仏教の教えも盛り込みながら、わかりやすくまとめた一冊です。
読んでみると、何か特別なことをするのではなく、日々の心の持ちようであったり、些細な習慣の積み重ねから”動じない心”が育まれていくことがわかります。印象に残ったものを一部抜粋してみました。穏やかな心で人生を歩んでいきたいですね。
「動じない心」をもって、夢や願望に向かって迷いなく進んでいくために、四つの心得をまとめておきます。これらは、すべて仏教の「禅」の教えに通じたものです。
*今やるべきことに集中する*よけいなことを考えない*あまり先のことを不安に思わない*過ぎ去ったことにとらわれない
「無念無想」という禅の言葉があります。これは「何かを

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました