スポンサーリンク

母親の愛が子供を救う;ハンドヒーリングによる統合失調症の改善

その他ドクター
ブログランキングに参加しています。皆様の応援クリックが励みになります!

統合失調症とは、幻覚や妄想という症状が特徴的な10代から30代に発症することが多い精神疾患です。脳機能が障害され、ふだんとは異なった思考や行動が現れてきます。発症率が100人に1人という頻度の高い病気にもかかわらず、そのメカニズムはいまだ明らかになっておらず根本的な治療法も確立されていません。治療は、向精神病薬などによる対症療法にとどまっているのが現状です。
病気は、薬を飲めば治るというものではありません。統合失調症で苦しんでいらっしゃる患者さんを見ると、現代医学の限界を感じずにはいられません。病気が深刻になればなるほど、ご本人の苦しみはさることながら、ご本人を支えるご家族の辛さもまた、どれ程のものだろうと思います。
お子さんが統合失調症の場合、親御さんは一緒に暮らしているとお子さんにつきっきりになったり、自分達がいなくなった時のことまで、考えてしまうこともあるでしょう。
そんな中でマインドパワーで、統合失調症であっても奇跡的ともいえる回復を遂げておられる方が多くいらっしゃいます。パワーに出会い、病気が回復へ向かい、自立されていく姿をみるにつけ、両親や家族の愛が奇跡を起こすということを実感します。
それでは、今日は、マインドパワーで娘さんの統合失調症を回復させたお母さん(60代)のお話です(ご本人談)。

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました