スポンサーリンク

アダルトチルドレンの家族旅行記  ~三つ子の魂百まで~

カウンセラー
タイトルが意味不明という方、いらっしゃいますか。 「三つ子の魂百まで」とは、3歳頃までに人格や性格は形成され、死ぬまで変わらないと いう意味で使われることわざです。 現代でも希少な百歳越え、百という単語は、江戸や明治時代では∞と同じ意味で使われて いたのでしょうね。  フツウに考えると、家族旅行ってとても楽しいものですね。ところが、アダルトチルドレン さんの場合はそうでもないことがとても多いです。 ①せっかくの旅行中なのに、父はずっと不機嫌だった。 ②軍隊のようにスケジュールが決められ、それに従ってただ歩くだけ。 ③母の兄弟も含め3家族で行ったのに、なぜか部屋は1室のみ。 ④だいたい、父に気を使ってばかりでまったく楽しくないし。 ⑤母は母で、「お父さんを怒らせないようにしてね」ばかりだし。 なぜこんな現象が発生するのかというと、アダルトチルドレンといっても多くの場合 両親のどちらかまたは両方に発達障害傾向があり、「他人がどう見ているか」という 視点がないことが多いようです。 また、そのような子供時代を送ると、「健全な情緒が形成されない」「そもそも親の 発達障害が子供にも遺伝している」ために、成人してもとても生きづら

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました