スポンサーリンク

ハンドヒーリングによる脊柱管狭窄症の改善

その他ドクター
ブログランキングに参加しています。皆様の応援クリックが励みになります!

ある50代の女性。4、5年前から腰痛と足のしびれがあり、3、4年前に整形外科で腰部脊柱管狭窄症と診断されました。その当時より、鎮痛剤と抗血小板薬の内服を開始し、抗血小板薬の効果は感じていました。その後、プレカバリン(リリカⓇ)も追加となりました。
今年に入りマインドパワー(ハンドヒーリング)を紹介され、施療所で施療を受けたところ痛みが緩和されたように感じました。3回施療を受け身体の変化を体感し、1月末のセレモニーに臨まれ、3ヵ月間のセミナーを通われました。
その後症状は順調に改善し、2月にはプレカバリンと鎮痛剤を中止することができ、3月には抗血小板薬を中止してみましたが、痛みの悪化はありませんでした。痛みのスコア(VAS)はパワー取得前10→2にまで低下しています。
女性は長年宗教をされており、「宗教とマインドパワーの違いについてどのように感じますか?」とお尋ねしたところ、「パワーの方が早く結果が出ると感じています。」とお答えになりました。
マインドパワーは、信じる世界ではありません。実際に宇宙のフリーエネルギーを使って、痛みを取る、熱を下げるといった実践ベースです。パワーの施療によって痛みが取れ、身体が軽くなることによって意識が変わり、また自身もそのエネルギーを使うことによって感動が生まれ、自然治癒力が高

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました