スポンサーリンク

神の詩 第五章十二節 21

その他
 神の詩 第五章十二節 21「心を統一した者(ヨーガ行者)は、行動の結果を捨てて、究極の平安に達する。心を統一していない者は、欲望のままに行動し、結果に執着して束縛される。(十二)」続きです。前回までに五つの心の作用について学び内観しました。「一一(いちいち)に微問して、惑を断じ、迷を尽くし、法を除き、言を絶し、性を見、解を生ず。」空海「十住心論」空海も、心の作用を一つ一つ内観・精査する重要性を語っています。「これらの心の作用は、瞑想修練(アヴィヤーサ)と離欲(ヴァイラーギヤ)によって止滅される。」ヨーガ・スートラ第一章十二節ここで、心の作用を止める方法が記されています。アヴィヤーサという言葉は、簡略化して言うと「繰り返しの内的世界の実践」を意味する言葉であり、その本質は「自己の中心に向かうこと」です。アヴィヤーサは、とても奥深い言葉で、日常生活のあらゆるところで応用できる修行習慣と心構えを合わせたヨーガの修練全般を示すのですが、ここではその代表的な修練として瞑想修練としておきます。ヴァイラーギヤは、外的世界から離れることを意味しています。内的世界の実践と外的世界から離れることにより、心の動きは本来の源泉と同様に強く鎮まっていきます。続きます。精解 神の詩 聖典バガヴァッド・ギーター 1森井 啓二きれい・ねっと2021-08-20今日もありがとうございます。ブログランキン

リンク元

その他
スポンサーリンク
shindenforestをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました