スポンサーリンク

神の詩 第五章十七節 

その他
「至上霊に知性と心を固定し、至上霊に全信頼を捧げ、至上霊との合一を願う者は、知識で穢れを祓い落とし、二度と戻ることのない境地に至る。(17)」Tat(tad)-buddhayah:常に知性が至上霊にある人(タッド ブッダヤス)Tat(tad)-ãtmãnah:常に心が至上霊にある人(タッド アートマーナス)Tat(tan)-nisthah:自らの存在を至上霊のみに置いている人(タン ニシュタース)Tat-parãyanãh:主に完全に保護を求めている人(タット パラーヤナーハ)16節のtat-param(タット パラム)に続いて、美しい韻を踏む旋律が続きます。これはとても強い高揚感を引き出してくれます。この節の言葉の順序にも注目してください。心の中の知性(ブッディ)が、至上霊の存在を直感して心の方向性を決めます。これは通常、瞑想によって成されます。意識(マナス)が至上霊を直感するまでに高められるからです。その後、心全体が至上霊へと向かい、次第に全信頼を置くようになり、最終的に完全な合一を願うまでに全存在を至上霊にゆだねていく過程が、美しい旋律の中に明確に示されています。常にすべてが変化する、儚く重く束縛のある物質領域から、永遠の至福あふれる自由な領域へと移行した魂は、もはや戻ろうとは思わなくなります。至上霊との合一という強い確固たる信念を持ち続けた魂にとって、後進退行する意思など残

リンク元

その他
スポンサーリンク
shindenforestをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました