スポンサーリンク

VIO脱毛

内科医
※正式ホームページが完成するまではこちらのブログでクリニック詳細をご案内しています。※肛門部に毛が生えていても肛門診察は全く問題なく受けていただけます。診察前の自己剃毛なども必要ありません。【大腸肛門科医の立場から美容医療(VIO医療脱毛)も】■なぜ肛門科でVIO脱毛? 昨今、衛生面や介護脱毛の概念等から脱毛(特にVIO脱毛)の需要が高まっております。 しかし「痔があると脱毛できない」「肛門科の許可を得てから」という施設も非常に多いようで、今まで不安を抱く多くの患者様を拝見してきました。 実際はほとんどのケースで脱毛を受けていただくことができるのですが、事前に大腸肛門病専門医として施術領域を拝見することで、患者様も安心して施術を受けていただくことを可能にしました。■エステ脱毛と医療脱毛の違いは? 脱毛にはエステ脱毛と医療脱毛があります。 エステ脱毛はパワーが低いので痛みを伴いにくく、また一回あたりの価格は安いのですが、15〜20回近く通う必要があります。 また医療脱毛と違い、エステ脱毛は有資格者による施術ではないので、皮膚炎等トラブルが生じた場合の対応ができず、リスクも高くなります。  ■「痔があると脱毛できない」? エステ脱毛では医師や看護師ではなく、国家資格のないスタッフが施術するため、リスク回避から、痔があると自己申告があった場合(もしくは施術時)ほぼ100%施術を断られるよ

リンク元

内科医
スポンサーリンク
osr48をフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました