スポンサーリンク

改善不可能な依存症

カウンセラー
おはようございます。今くらいの気候がちょうど気持ちはスッキリですね。 山手心理相談室は、今日・明日と移転作業です。とはいってもごくごく近くに移る だけですから、これまで同様よろしくお願い申し上げます。   ご来室いただく方の中には、明らかにお見えになる場所を勘違いされている方こそ 少なくなっていますが、カウンセリングやトレーニングの前提条件(自分の意志)を 満たさない場合は、症状改善どころか悪化することを防げないケースもあります。 その典型的なものが依存症のうち「物質依存」と呼ばれるものです。 物質依存とは、人のこころや気持ちにしがみついてしまう「対人依存」と並ぶ もので、主なものには「薬物依存症」「アルコール依存症」「ニコチン依存症」が あります。覚せい剤や大麻に依存するのと違い、他の二つは何とかなりそうな感じですね。 ごく初期の、脳がダメージを受けていない状態ならOKなのですが、ある程度依存が続く方の 場合は、脳・特に前頭葉がかなり機能低下していて、物事を総合的に判断できなく なっている方が大部分です。そうなると、 ①お酒・タバコを断つ → はいと返事だけしてフツウに飲み続ける ②なぜやめることができないか → できない

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました