スポンサーリンク

痛み止めが効かなかったのに…

その他ドクター
ブログランキングに参加しています。皆様の応援クリックが励みになります!

ある難病をお持ちの女性、かかりつけの病院で生物学的製剤(化学的に合成したものではなく、生体が作る物質を薬物と使用するもの)の投与を受けた後から両膝や両足趾の関節、背中の痛みが強く出ておられました。これまでも生物学的製剤を受ける度に痛みが出ていたようですが、今回が今までお会いした中で一番痛そうで、膝を曲げずに不自然な歩き方をなさっていました。普段飲んでいる痛み止めの量を1日1回から2回に増やしてみたけれど、あまり変わらないとおっしゃいます。
ご本人の希望があったので、マインドパワー(ハンドヒーリング)の施術を行いました。パワーを使い手のひらで身体の反応を診ていくと、自律神経、心臓に主に負担がありました。おそらく10分程でしょう、手のひらに感じる反応がすっきりするまでエネルギーを送り、自覚症状を確認してもらうと、「あっ、楽になりました」と目を丸くされました。立って歩いていただくと、膝を曲げて歩くことができました。「足の指の痛みも楽になりました。痛み止めも聞かなかったのにすごいですね」と驚いておられ、「ありがとうございました」と笑顔で帰っていかれました。
女性の笑顔を見て、私も晴れやかな気持ちになりました。
 
どんな痛みも辛いもので、歩行や日常生活に支障をきたすほどの痛みなら尚更のことです。気持ちはつ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました