スポンサーリンク

エネルギー療法によるパニック障害・うつ病の克服!

その他ドクター
ブログランキングに参加しています。皆様の応援クリックが励みになります!

増え続ける心の病気
精神疾患の患者数は、近年、うつ病などの気分障害やアルツハイマー病などを中心に増加しており、平成23年患者調査では320万人を超えています。厚生労働省は、従来の「4大疾病(がん、糖尿病、脳卒中、急性心筋梗塞)」の患者数よりも多くなっていることなどを踏まえ、4疾病に精神疾患を追加し、平成25年度から「5大疾患」とする方針を決めました。
心の病気、それに伴う自殺者が増え続けるこの時代、もはや薬だけではどうにもならないということを示しているのではないでしょうか。
それでは、今日は、エネルギー療法(マインドパワー)による、パニック障害・うつ病の治癒例のご報告です。
パニック障害・うつ病の治癒例
パニック障害は、パニック発作といわれる急性の強い不安の発作をくりかえす病気です。  パニック発作は、突然の激しい動機、胸苦しさ、息苦しさ、めまいなどを伴う強い不安と死ぬかと思うほどの恐怖に襲われます。初めての場合は、心臓発作と思い、救急車で病院へかかることもあります。一過性でおさまってしまう場合もありますが、よくなったり悪くなったりしながら、慢性に経過する場合が多くみられ、半数以上にうつ病を伴っているようです。
症例1:40代 女性
11歳の頃、家族が亡くなったことをきっかけに夜寝るのが怖くなり、動悸のため

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました