スポンサーリンク

【武漢コロナ禍】陽性者に対する治療法がニュースにならない件

健康法
まぁ、、ニュースで出るのは、、人工呼吸器だぁぁぁ、とか、、エクモ足りねー、、とか、、そんな感じで。武漢コロナのPCR陽性判定を受けて、、先ずどんな治療・投薬で、自宅待機・ホテル療養・入院しているのか、、その辺りのニュースはほぼ見かけない。アビガンが効くとか、効かないとか、、症状が酷くなってから使う薬をニュースしている。で、、、何人か体験をネットで検索、、、第一は、体温を測ってみると、37.5~38.5度!ですね。第二は、かかりつけ医から解熱剤などをもらって飲んだ。    解熱剤と抗生物質を処方されて飲んだ。第三は、味覚・嗅覚障害デター。第四は、PCR検査受けました→陽性です(チーン)。第五は、CT検査で(軽い)肺炎発見→入院後悪化。まぁ共通しているのは、、初期にかかりつけ医とかで「解熱剤」「抗生物質」処方。コロナか細菌性かどうかわからないので、この処方みたいですけど、、コレ、どちらにせよ悪化させる原因の一つだと思いますね。先ず、致死率の高いSARSコロナウイルスでの研究では、、体温が38℃となると、24時間でウイルスは約5000分の1に急速に減少するという。48時間では、1/25,000,000です。つまり40℃を超えない限り、解熱しない方が良いと言えます。※痙攣していた場合は別ですね。股関節や脇を冷やすことです。※植木職人の友人で40℃で仕事していた奴がいます。解熱剤を飲む、つま

リンク元

健康法
スポンサーリンク
karadajikuをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました