スポンサーリンク

生きる喜び;70歳を過ぎて人間が好きになった

その他ドクター
ブログランキングに参加しています。皆様の応援クリックが励みになります!

70代の女性Aさん、60歳から変形性膝関節症を発症し、70歳の時には末期の状態と言われ手術を勧められていました。そんな時にマインドパワー(ハンドヒーリング)に出合いました。ご主人もすぐにセレモニーに臨み、今年になって息子さんもパワーを取得されました。月1回~2回ほど定期的に施療に通いながら、4年経った今でも手術をすることなく日常生活を送ることができています。
そのAさんが今日クリニックを受診された際にこんなことを話してくださいました。
「私は父親が早くに死んでしまったこともあって、自分がいつも部外者のような気分で、人と接すると重圧感があって”人間”が嫌いでした。けれど、最近は人を受け入れる、許す気持ちが湧いてきて心が穏やかになりました。ここ1年間は、自分はなんて幸せなんだろうと思えるようになり、笑えるようになりました。74歳になった今生きていてよかったと思っています。パワーを使って、高次のことを学ぶ中で自分の痛みなんてちっぽけだと思えるようになりました。」
Aさんは、リハビリもかねデイサービスに通っています。自分は話を聞くだけが取り柄だとおっしゃいますが、自分が行くと喜んでくれる仲間や、自分の声かけで元気になってくれた”おばあちゃん”の存在などが喜びになり励みになっているそうです。以前は、人間嫌いだったAさ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました