スポンサーリンク

ジェネリック外用薬の3つの注意点

その他ドクター
 
医療費の抑制のため、厚労省は後発医薬品の使用促進を目指している。
目標値は2020年度末までに数量シェア80%以上だそうだ。
 
皮膚科でよく使うステロイド外用薬もその対象だが、いくつかの問題点があることも指摘されている。
 
効果が低いかもしれない
かぶれるかもしれない
名前が長すぎる
 
今回はジェネリックステロイド外用薬の問題点についての話。
外用薬の成り立ち
 
外用薬は主剤、基剤、添加物の3つからで成り立っている。
 
(外用薬)=(主剤)+(基剤)+(添加物)
 
主に薬効を発揮するのは主剤で、ジェネリックも主剤は一緒。
しかし基剤や添加物は異なっていてもよい。
 
外用薬では基剤や添加物も重要で、これらが先発品との違いにつながってくる。
 
ジェネリックステロイド外用薬の問題点
 
効果が低いかもしれない
かぶれるかもしれない
名前が長すぎる
 
1. 効果が低いかもしれない
 
後発品は同等性試験が行われているので、臨床効果は先発品と一緒のはず。
>>局所皮膚適用製剤の生物学的同等性試験ガイドライン策定の背景
 
しかし気になるデータがある。
リドメックス軟膏のジェネリックであるスピラゾン軟膏とユーメトン軟膏につい

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました