スポンサーリンク

痛みの専門医が語るハンドヒーリング

その他ドクター
ブログランキングに参加しています。皆様の応援クリックが励みになります!

最近、医療の現場でマインドパワー(ハンドヒーリング)を活用するドクターが増えています。先日2日間にわたり実際にパワーを取得したドクターの今、をご紹介しました。
まず、『患者さんを治す!』と熱い志を持って医師になったものの、現代医学の限界にぶつかり苦悩していたドクター。パワーに出合い、医師としての情熱を取り戻すことができました。
時代の変化・進化~いま医療の現場で~
また重症の患者さんの痛み苦しみを少しでも和らげたいと悩んでいたドクター、緩和ケアの現場でパワーを役立てておられます。
緩和ケア病棟におけるハンドヒーリングの活用
 
そして、今日は痛みの専門家として30年以上の臨床経験を積んだあるドクター。その先生もまた現代医学の壁にぶつかり、疲弊しておられました。しかし、セレモニーに臨んだのが昨年の10月、わずか1年で医師としての幅も人生も大きく変わりました。それでは、その心あるドクターのありのままの文章をお届けしたいと思います。
私は、ペインクリニックを、幸せの医療を実践するための医師のライフワークとして行ってきました。どこにいっても治らない患者さんばかりが押し寄せてきます。
緩和ケアの領域ではスピリチュアルペイン(精神的痛みより深いところから来る人生の意味の問い、死生観に対する悩みや苦悩

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました