スポンサーリンク

痛みなく生きること、諦めていませんか!?

その他ドクター
ブログランキングに参加しています。皆様の応援クリックが励みになります!

皆さんは、痛みを抱えて生活しておられないでしょうか?
痛みは一生付き合っていくものだと、諦めていないでしょうか?
 
全ての病気は、ご自身が創り出したものであり、痛みであっても原因は自分の中にあります。痛みは身体・心・魂からのSOSのメッセージなのです。けれど、「痛みは私へのメッセージでした」「あの痛みがあったからこそ、人の痛みがわかるようになりました」と感謝できるようになるのは、痛みを克服してこそだと思います。
どんな痛みも煩わしいもので、痛みがあるとネガティブな感情を生じやすくなり、痛みを抱えて暮らしていると、知らず知らずのうちに愚痴や不満も増えてくるものではないでしょうか。それが激痛になればなおのことで、心は虚ろになり、今を楽しむとはほど遠く、「とにかく何でもいいからこの痛みを取ってほしい」と思うことでしょう。痛みが続き日常生活に支障をきたすようになれば、「どうして私が…」「何か悪いことをしただろうか…」など悶々と考えてしまうかもしれません。
辛い痛みがあれば、薬にたよってしまうのは仕方のないことだと思います。ただ、痛み止めの薬は最初はよく効くかもしれませんが、漫然と継続していると、今度は薬の副作用で返って臓器に負担をかけ、慢性化を促すことになります。医学的にも、痛み止めが交感神経を緊張させ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました