スポンサーリンク

増えつづける類天疱瘡に気をつけよう【有病率・診断・治療まで】

その他ドクター
 
普段の診療で水疱性類天疱瘡の患者をみることは結構多い。
水疱性類天疱瘡とは
最も頻度の高い自己免疫性水疱症で,近年の高齢化に伴い増加している.年齢的には60歳以上,特に70歳代後半以上の高齢者に多い。
 
高齢者に多いのが特徴で、高齢化にともない患者数が増加している。
過去10年間で2~5倍に増加したという報告もある。(日皮会誌:126(10), 1923-1927, 2016.)
特記すべきは、患者年齢の平均および中央値が80歳前後だということである。毎年85歳以上の2000人に1人が発症しているとみられる。
これだけ高齢者に偏った自己免疫性疾患は他にはない。
EBM皮膚疾患の治療up‐to‐date
 
今後さらに増えるとみられ、皮膚科医だけでなく多くの科の先生方が類天疱瘡と遭遇するはずである。
この疾患は老年内科領域にとって、もはやcommon diseaseである。
老人福祉施設に入所中の高齢者に発症した類天疱瘡を、内科医が皮膚科医の手を借りずに治療しなければならないという状況はかなりの数に上ると推測される。
EBM皮膚疾患の治療up‐to‐date
 
今回は類天疱瘡について書いてみる。
類天疱瘡の有病率
 
類天疱瘡が往診患者の1/4を占めているという報告がある。
 
皮膚科往診患者の内訳

褥瘡

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました