スポンサーリンク

共感力を磨く

その他ドクター
ブログランキングに参加しています。皆様の応援クリックが励みになります!

皆さんは、どのような思いで人に悩みを打ち明けるでしょうか?
クリニックを受診される患者さんの多くは、多かれ少なかれ様々な悩みや問題を抱えておられます。そのストレスが身体症状となって現れていることも少なくありません。病気を治すには、病気をつくり出している原因をとらえ、生活習慣はもちろん、心のあり方やストレスの受け止め方を変えていくことが大切です。ただ、最初から原因を指摘し、正論を押し付けても、なかなかに受け入れてもらうのは難しく、まずは患者さんの心を受け止めることではないかと思っています。
皆さんは、”共感力”という言葉をご存知でしょうか?共感とは、辞書で調べてみると『他人の意見や感情などにそのとおりだと感じること。また、その気持ち。』と出てきます。共感力とは、”人の気持ちを汲んで寄り添うことができる力”だと言えるでしょう。
 
最近、長年辛い痛みを抱えてこられた患者さんからお話を聞くことがありました。その苦しみを思うと、こちらまで切なくなり、何を言っても上っ面にしかならない気がして、「そうですか、それは辛かったですね。」と話を聞くぐらいしかできませんでした。けれど、診察が終わると患者さんは「こんなに話を聞いてもらうことがなかったから、それだけで気持ちが楽になりました。」とすっきりした笑顔で頭を下げ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました