スポンサーリンク

誤魔化し治験で「中和抗体バムラニビマブ」

なんちゅーか ドイツDuesseldorf大学病院のBjoern
Jensen氏らは、重度の免疫不全状態のCOVID-19患者に対して抗SARS-CoV-2抗体bamlanivimabによる治療を行い、この治療を適用された6人中5人に免疫逃避型のE484K変異が生じたと報告した。症例の概要を報告した論文は、2021年7月14日のLancet
Regional Health Europe誌電子版に掲載された。 SARS-CoV-2スパイク蛋白質に対する中和モノクローナル抗体が、COVID-19治療に適用され始めた。回復期血漿に比べ、抗体製剤は、結合特異性が高く、均一で、他の疾患の感染リスクがないといった長所を持つ。しかし、この治療により免疫逃避型の変異株の出現を誘導する可能性も予想されている。 例えばインフルエンザでは、ノイラミニダーゼ阻害薬を免疫不全状態の患者に投与すると、ウイルスによる耐性獲得が速やかに生じて、ウイルスの排出が持続することが報告されている。 SARS-CoV-2についても、免疫不全状態の患者では、感染の持続と免疫逃避型変異株の選択が起こる可能性が指摘されている。 先に行われたSARS-CoV-2に対するモノクローナル抗体治療の臨床試験では、免疫不全状態の患者を対象から除外しているため、この疑問に対する情報は得られていない。続きはリンク先https://medi

リンク元

健康法
スポンサーリンク
karadajikuをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました