スポンサーリンク

コロナ渦2年にして思う

内科医
 もう2年近くになろうとしているコロナ禍,第5波の収束後の我が国の感染状況は不気味なほど落ち着いていて,経済も活気を取り戻しつつありますが,つい最近南アフリカに端を発したオミクロン株の出現が,世界中に新たな不安をもたらしています. しかし,私たちにできることはやはり基本的な感染対策や医療体制の拡充はもちろん,3回目のブースター接種を含めたワクチン接種のさらなる促進,抗体カクテルやようやく世に出たモヌルプラビルのような抗ウイルス薬などの新たな武器を手に,あともう一踏ん張り頑張ることに尽きると思います. ところで先日から某民放でドラマ「日本沈没」が放送されており,毎週見ています.いうまでもなく日本の作家,小松左京が1973年に発表したSF小説が原作で,過去にも何度か映画やドラマ化されました. 日本列島が大地震により海の藻屑と消えてしまう描写は本当にリアルですが,今回は,沈没の場面そのものより,むしろ,国土を失い難民となってしまう運命を背負わされた日本人が世界の中でどうやって生き残っていくのか,そこに至るまでの政府関係者や科学者,市井の人々の様々な葛藤をテーマにしています. 毎年のように地震や災害が頻発し,さらに近い将来南海トラフ大地震が間違いなく起こるとされる昨今,このドラマが放送されたのは非常に意義深いことだと感じます. さて,このコロナ禍は,今まで当たり前だった,そして無条件に永遠

リンク元

内科医
スポンサーリンク
Dr Ohkadoをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました