スポンサーリンク

エネルギー療法による尋常性乾癬の改善

その他ドクター
ブログランキングに参加しています。皆様の応援クリックが励みになります!

私が皮膚科医になったきっかけは、中学生と高校生、そして20歳を過ぎるまでひどいニキビに悩まされたことです。おでこや頬に真っ赤なぶつぶつが次から次にでき、人前に顔を出すことが嫌で、自分に自信が持てませんでした。人の目につく皮膚に症状が出るのは、それだけで精神的なストレスを伴います。                                        皮膚の症状も、皮膚だけが原因ではありません。全身の臓器の負担や心のあり方、ストレスなどが大きく関わっています。今日は、マインドパワー(ハンドヒーリング)による皮膚病の一つである、尋常性乾癬の改善例のご報告です。
 
症例:50代 女性
27年程前より乾癬を発症、背中に皮膚症状がでるようになり、1年後には四肢に症状がおよび、かゆみ、痛み、むくみがでるようになりました。皮膚が分厚くなり、毎日のように皮膚がひび割れ血がでるため、伸縮性のある包帯でぐるぐると巻いて仕事に通っていました。
15年前には、体中に痛みが出て、歩くのに足があがらなくなるほどでした。耳にも症状が出てきて、ひび割れや出血を繰り返したため、かさぶたをはがしてファンデーションでごまかしていました。
病院では、一番強いステロイドを処方され塗布をしていましたが、改善がみられなかったため半年

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました