スポンサーリンク

病気なのに病気じゃない症状   ~パーソナリティ障害~

カウンセラー
ロッテの佐々木朗希投手が、2回連続完全試合中なのに交代させられてしまいました。 世間ではどう思うか分かりませんが、実際大谷翔平さんの時と同様、一般レベルの選手 としてはこの「怪物」を持ちあぐねてしまうようです。他の選手たちのかたい表情が ずいぶん辛そうだなって思いましたから。 (でも、連続完全試合も見てみたかったです)   世の中には、別の意味で「怪物」と呼ばれる症状があります。それが「パーソナリティ障害」 なのですが、アダルトチルドレン~統合失調症までかぶってくる病名はかなり多く、 脳のMRIを受けても、別に変わった点がなく、幻視などの症状も見られないために、医学的 には「病気」だと診断されにくい症状です。中でも「境界性」と呼ばれる症状には、 多くのご家庭が強烈にお悩みだと思います。 このような状態が例(境界性限定ではありません)として挙げられます。 ①自分の子供にLINEで「このブス、死ねや!」と送ります。子供が泣いて訴えても  「面白いやろ?!」と返します。自分は「面白い」と感じています。 ②妻帯者に「2人きりのお酒」に誘われても、別に危険を感じません。ところが、  いざ相手がオオカミに変身すると、恐怖で言いなりになっ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました