スポンサーリンク

【白井一行球審はアウト】日本の野球審判はチンピラヤクザ 即刻解任せよ

健康法
なんかバカです。競技の円滑な進行の為にあって、審判が法律なワケではない。明らかな審判への態度を行動を示したなら、、恫喝ではなく、注意・退場をすべきです。球審はルールブックではない。20歳の佐々木投手を恫喝する44歳の白井一行球審、止めに入るのは18歳の捕手。世界で一番格好の悪い44歳です。コレ、試合を止めたんですよ。止めた以上白井一行球審には説明責任があります。彼ら審判団こそ、、ルール違反です。 ロッテ・佐々木朗希投手(20)が24日のオリックス戦(京セラ)に先発登板し、2回の投球中に白井一行球審がマウンドへ歩み寄る場面があった。
 ストライクボールの判定に不満そうな態度を見せた佐々木朗に対し、注意をしに向かったとみられるが、この場面について、NPB元審判部副部長の五十嵐洋一氏は「白井くんらしいなと思いましたよ。彼はまじめで熱いところがありますから。ただ、何かあるとパワハラだとか言われるいまの時代だとどうなのか…」。
 五十嵐氏は続けて「私が現役でやっていたころなんて、しょっちゅうありましたよ。ボール判定を不満に思い、私のほうを振り向いた捕手に対して『前向いてやれ!』と一喝したり、やじを飛ばしてきたベンチに『文句たれんとやっとけ!』と注意したこともありました。あんまり頭にきたときには『次にど真ん中投げてきてもボールにしてやろう』と思ったこともあります。どんな状況でも冷静、正確に判定

リンク元

健康法
スポンサーリンク
karadajikuをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました