スポンサーリンク

さあ、朝顔の種を植えてみよう。

医療機関
SHINちゃんの朝顔。そろそろ植えなきゃ、アカンのとちゃう?スタッフに声をかけた。  新事務所のなんでも相談所の横は、結構日当たりがいい。 そこに朝顔の種を植えるのはどうだろう?今度、大家さんに聞いてみよう。 SHINちゃんは、重度障害があって、この世に生まれてきた。 彼と彼のお母さんと出逢ったのは、市民病院の病室だった。 成長とともに、障害が重度化し、誤嚥性肺炎を繰り返すようになった。 病院の小児科医から、選択を求められた。 声を失い、命を延ばすこと、か、声を失わないが、命を縮めてしまうこと、か。 小さい時から、何度も大きな手術をしてきた息子に、これ以上の手術はしてやりたくない。声を失わせてまで、命を伸ばそうとすることは、親のエゴではないか、と、苦しみ抜いておられたそんな時、SHINちゃんのお母さんと病室で出逢った。 出逢った瞬間を今も覚えている。こわばって、一生懸命で、必死の顔をしたお母さんの話が、病室に入った瞬間から30分ぐらい続き、必死に必死に、言葉をつなぐ、、そうしていると、わーーーって泣き崩れる。 先生、初めて逢ったのに、泣いちゃって、もうこんなんで、ボロボロで、涙ばっかで、ちょっと鼻をかましてください。チーン。 ちょっと、落ち着きました。先生あのね、

リンク元

医療機関
スポンサーリンク
clinic01をフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました