スポンサーリンク

ケトン体は『飢餓時だけに生成される非常エネルギー』なのか[14]

健康法
なぜケトン食がてんかんに効くのか

てんかん発症機構は,脳腫瘍・外傷など原因が明らかなものを除いては不明です.

ただ何らかの原因で大脳神経細胞(ニューロン)間の異常な信号のやりとりが継続してしまい,これはパソコンで言えばCPUが暴走してハングアップしたような状態であり,激しい痙攣・ひきつけを引き起こします.最近の研究では,脳神経細胞のイオンチャネル(細胞膜のイオンの出入り口;)に何らかの変性・障害があって,細胞膜の異常な脱分極(=細胞膜の内外の電圧差が変化)を発生させるのではないかと言われています.

てんかんとイオンチャネル – 日本神経学会[PDF]

Altrupの細胞膜汚染説

しかし,この細胞膜の異常な脱分極を説明する有力な説が,Altrupの細胞膜汚染説です.Altrupはリンゴマイマイというカタツムリ[★]の1種の神経細胞を用いて,こういう実験を行いました.

[★]カタツムリのような軟体動物では,神経細胞が大きく かつ単純な構造なので,よく実験に用いられます.

PTZと ETO[注]をカタツムリに投与すると痙攣が発生する.これらの化合物は 環状構造で分子サイズが大きく,しかも 分子の半分が親油性で,残り半分は親水性という極端に性質の異なる構造を持っている.神経細胞に到達すると,PTZやETOは,まず分子の半分の親水性を利用

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました