スポンサーリンク

妊娠中、授乳中の抗ヒスタミン薬「薬物治療コンサルテーション」皮膚科医のオススメ教科書⑱

その他ドクター
 少し前に妊婦加算の廃止が話題になった。妊娠した女性を診察するのは結構気を遣うので、患者に負担させるかは別として医療機関に何らかのインセンティブがあっても良い気はする。 診察のときに一番問題になるのが薬について。トラブルになる可能性もあるので、かなり慎重に説明する必要がある。万が一流産や先天異常が発生した場合、薬が原因と思われてしまう可能性がある。流産や児の先天異常の自然発生率はそれぞれ約15%、2~3%といわれている。もし奇形をもつ児が誕生したとすると、「何でこうなったのか」と本人や家族は原因を求める。妊娠初期に薬剤を使用していたとすると、必ずといってよいほどそれが原因と思い込まれる。薬物治療コンサルテーション 妊娠と授乳 添付文書をみるとたいてい「妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には,投与を避けることが望ましい。」「授乳中の婦人には,投与を避けることが望ましい。」と書かれている。しかしそれでは治療ができないので、他の情報から判断していく必要がある。そんなときに役に立つのがこの教科書。 薬物治療コンサルテーション 妊娠と授乳 疫学的にほぼ安全に使用できると思われる薬が明記されていて、責任回避のために微妙な書き方がされているということがない。はっきりと「大丈夫」と書かれているのが素晴らしく、これを基準に薬を選べばほぼ問題ないのではないかと

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました