スポンサーリンク

それでも僕は、医療依存度を下げるんだ。お家に帰ってほしいから。

医療機関
 今、天才手塚治虫先生のブラックジャックを読み直し始めた。 医者の財力に物言わせ、豪華版を全巻大人買い((笑)) この第1巻の最初の話から衝撃的だ。 怪我や病気を治さず、人生を治す。お金をもらっているふりをして、全てを「人をなおすこと」につぎ込んでいる。 今の時代に必要なのは、きっと、こういうことだと感じる。 ブラックジャックの漫画の連載は、1973年の週刊少年チャンピオンで始まる。 僕は、1974年の生まれなので、この49年たった今もなお、この衝撃さに、手塚治虫先生のあまりに凄いエネルギーを感じる。 しかも、少年チャンピオン!!!20歳までの少年らに愛されるマンガ本。 日本を良くしたい、世界平和を祈りたい、若者に伝えたい!次世代に伝えたい!そんな素晴らしいエネルギーだ。  この意味を感じ、このブラックジャックとともにこの時代を生きた僕らが、今こそできることを考えたい。そして、手塚治虫先生のように挑戦したい。  それでも私は人をなおすんだ。自分が生きるために。 無免許のブラックジャックが挑戦したこと。それはすべての人々が挑戦できること。医師免許しか持ってない僕も、そう信じている。  そして、 この希望を、次世代に、

リンク元

医療機関
スポンサーリンク
clinic01をフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました