スポンサーリンク

光の魂たち山岳編序章の序文から 1

その他
今日はもういちど「光の魂たち 山岳編 序章」から序文の掲載です。序文とあとがきっていつも書かずに原稿渡して本が出来上がる前になって「序文とあとがき書いてください」って依頼されるやつです。こちらも締め切りギリギリまで書かなくて・・・光の魂たち 山岳編序章 人の御魂を磨く聖なる山々森井 啓二きれい・ねっと2022-04-22序文美しい樹木帯を通り、清らかな湧水あふれる川を渡り、森林限界を超えて、一気に展望が開ける場所に出る。いくつもの険しい岩稜を超えて、光あふれる稜線を歩いていく。大自然の美しさに感動し、太陽の光を浴び、心身を浄化するような風を受け、新鮮で澄み切った、エネルギーに満ちた空気を肺に思いきり吸い込む。鳥たちの囀さえずり、虫の声、山の響きを聴いて、自分の心と共鳴させてみる。土の匂いや、木の葉や草、花の香りを、五感のすべてを使って味わってみる。標高が上がるにつれて、身体だけではなく魂までもが引き上げられるかのように、深い感動と共に、純粋で崇高な気持ちが湧いてくる。果てしない大空を見れば、自分の心も限りなく広がり、強く可憐で美しい高山植物を見れば、自分の心も強く美しく咲き始める感覚が生まれる。遠く連なる山々を見通し、大樹に抱きつき、大岩に触れてエネルギーを受け取り、裸足になって大地に触れる。自然の中に入り、すべての存在と感覚を共有していくことで、至福感が拡がっていき、やがて自分と

リンク元

その他
スポンサーリンク
shindenforestをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました