スポンサーリンク

人の知らない生命体の森

その他
2009年に地球内部を探索するために各分野の専門家たち数百人が集まって国際共同研究機関「深部炭素観測室(Deep Carbon Observatory:DCO)」が結成されました。そして2018年になって米国ワシントンで開かれた米国地球物理学連合(American Geophysical Union)の会議でDCOの過去10年の研究結果を発表しました。DCOによると、地球の地下2500mという深部には、巨大な生物圏が存在することが判明しました。それは広大な「微生物による生命体の森」でした。この写真は南アフリカにあるコパナン金鉱の地下1400mに生息していた線虫です。universetoday.com科学者たちはさらに深度5000mを超える地下でも生命体を発見しています。地底の奥深い部分には地表と同等、もしくはそれ以上に多様な生命体が存在しているようです。しかも人類はいまだにその大部分を解明できていなかったのです。地球上の生物のうち、細胞核を持たない単細胞の有機体であるバクテリア(細菌)やアーキア(古細菌)の約70%が地下に存在すると推測されています。それら地下の細菌群は炭素重量換算で見積もると150億~230億トンという膨大な量に相当するようです。地下には121度という高温環境でも増殖出来る超好熱菌などさまざまな特殊な環境で生きている細菌たちがいます。youtube [youtub

リンク元

その他
スポンサーリンク
shindenforestをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました