スポンサーリンク

1000万円売るのには!

健康法
 昔は「宝くじで1000万円を当てる事」が夢でしたが、実は昔、すごい事をしておりました。14~20年前くらい前の「百貨店の開運フェア」で、1000万円を売っていた事(ワン催事で)がありました。  チラシが入らないと、地方の百貨店では、1日に2~5万円ほどしか、売り上げがあがらない日もありましたが、頑張っていると、「有名百貨店さんから出店依頼話」がありました。特に売れるという「梅田の阪急百貨店」や「難波の高島屋」から、常時、嬉しい声がかかる様になりました。 そこで「驚く様な高い予算」をもらってビックリしました。 「難波の高島屋」でしたが、10日間で1000万円という、誰もあげたことのない、「宝くじ級の予算」がきました。 結果的には1回目でクリアしたんです。前年実績を作ってしまうと、「もうそれからは毎年の様に呼ばれてしまい」、毎回、どうにかしてその予算をクリアしておりました。(百貨店は売れる業者を大切にしてくれます) 当時は、「催事を開催する業者」にとっては、食品以外では「1日に10万円以上を売るのは至難の業」だと言われていた時代でした。 もちろん誰もがそんな売り上げをあげるのは、絶対に無理で、皆さんは、信じられないと思いますが、今だからネタを少しバラシますね。(うちを真似た業者は全部失敗しておりました) 何故、そんな大きな売り上げをあげたかと言いますと、開運フェアでは、「すべての人に

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました