スポンサーリンク

【ミトコンドリア】変形性膝関節症(炎症系疾患)はりんごを食えという話

健康法
まぁ色々ありました。数カ月に渡った膝の不調で、、色々学んだのは確かです。で、、先日お伝えしたように、、蜂蜜で膝周り筋肉の強張りが解消してきたという話で、、何故にそうなのか?という「解」「理屈」を探していました。元々の解は、、蜂蜜によって解糖系代謝を回すことで細胞が新生する。壊れた部分が再生する。つまり治ってくる。そういう理屈です。で、更に、、と(笑)解糖系代謝ってのは、、、先ずミトコンドリア。酸素を使って糖や脂肪を代謝してATPというエネルギーを産み出す。ここの代謝が40~50歳で低下してくる。そうすることで、、破壊と再生のサイクル。再生が弱る。血管の細胞壁が破れ、蕁麻疹が起きる。代謝が不完全で燃えカスが身体に悪さする。軟骨が再生せず変形性膝関節症が慢性化する。先ず、、「鉄分」が役立ったのは、、酸素を使って糖や脂肪を代謝する、、という部分で、、血液中の酸素を運ぶのは鉄分、、回らない回路に、鉄分を突っ込んで代謝を促したということです。それによって原因不明の痒みと蕁麻疹が収まって、、膝にも回復が見られた。しかし、まだ膝周りの筋肉の強張りが残っていて、、、経験したことのない肉質のダルさが抜けない。これはなんだろう?そして、、、蜂蜜。蜂蜜の主成分、フルクトース(果糖)を代謝する解糖系を発動することで、、ミトコンドリアの不調による糖代謝の残りかすも代謝する。それによって、、今度は「鉄分」摂取

リンク元

健康法
スポンサーリンク
karadajikuをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました