スポンサーリンク

【サル痘】ロシアより愛をこめて

健康法
ソ連では、生物兵器として使用できるようサル痘の研究が進められていたと、過去にロシア人の元大佐が指摘していたという。 その元大佐とは、ケン・アリベク氏だ。彼は1991年のソビエト連邦崩壊まで生物兵器プログラムの副責任者を務めていた人物とされている。 またアリベク氏は、ソ連崩壊から1年後まで生物兵器プログラムを継承したロシア軍の40の施設で、3万2000人を監督していたという。 その後、彼はアメリカに移住。ソ連が戦争でさまざまな感染症を使用するために、どのように研究をしてきたかを明らかにした。 アリベク氏によれば、ソ連の研究者らは当初天然痘に焦点を当てていたが、その後世界的なワクチン計画によって天然痘が根絶されたため、その考えを諦めざるを得なかったという。 そして最終的にロシア国防省は、ソ連崩壊後も、将来の生物兵器を作るためにサル痘の研究を続けることを決めたという。


https://switch-news.com/science/post-76774/あじあのネタ帳よりhttps://asianoneta.blog.jp/59344993まぁ不自然ですからね。世界はワクチン接種に慣れたのが問題ですね。取り敢えずこの辺で。※2つのランキングクリック宜しく。
癒し・ヒーリングランキング
にほんブログ村
Source: 身体軸ラボ シーズン2

リンク元

健康法
スポンサーリンク
karadajikuをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました