スポンサーリンク

「『嫌われる勇気』の著者が指南する、孤独を克服する方法」とか

健康法
『嫌われる勇気』の著者が指南する、孤独を克服する方法『孤独の哲学』(岸見一郎 著、中公新書ラクレ)の冒頭で孤独について語るにあたり、著者はまず新型コロナウイルスの影響を引き合いに出している。    孤独であることを強いられた時、孤独にどう対処すればいいかをしっかりと考えなければなりません。    コロナ禍で人と会えなくなったことから話を始めましたが、感染さえ収まれば何の問題もなくなるわけではありません。コロナ禍以前からもあった、しかし、あまりはっきりとは見えなかった問題――その多くは対人関係の問題なのですが――が、不自由な生活を強いられる中で顕在化したように思います。(本書「はじめに−孤独を知る、人生を知る」より)どうすれば、仕事をしていなくても自分に価値があると思えるでしょう。もちろん、前々から趣味を持っていれば、それを極めることができるでしょう。しかし、仕事をしている頃に格別の趣味がなかった人であれば、趣味を見つけるところから始めなければならないと思うでしょう。(本書46ページより)https://serai.jp/health/1073125まぁ、、、孤独って、、言わば「他律依存」。そもそも、、「自分に価値がある」という考え方、、これが間違いだし、、トラップです。この著者は、、価値という言葉がトラップだとはしておらず

リンク元

健康法
スポンサーリンク
karadajikuをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました