スポンサーリンク

神の詩 第五章十一節 5

その他
神の詩 第五章十一節 5「ヨーガ行者は、自己を浄化するために、執着を捨てて、肉体と心と知性と感覚だけで行動する。(十一)」続きです。昨日は自己浄化の道にいる強敵の代表的なものについて解説しました。怠惰、自尊心、外界の出来事に囚われること、内面の緊張、至高霊へと向かう強い意志の欠如「信心とは、決定堅固にして、退失なからんと欲うがための故にこの心を発す。」空海「三昧耶戒序」(信心とは、仏を堅く信じて疑わず、二度と元の状態には戻らない不退転の決意を持って起こす心のこと。)信心は、人から言われたから信じるというのは偽りの信心です。自らの強い意志ですべて信じるか信じないかを判断しなければなりません。偉い人や有名な人が言ったからというのは、時に有害になります。釈迦大師の弟子に、とても優秀なサーリプッタという人がいました。ある時、師が講話している最中に、師はサーリプッタに向かって次のように言いました。「サーリプッタよ、今の私の話を信じるか?」サーリプッタは、返答します。「いいえ、まだ自分の中で消化されていないうちは信じられません。」師は「サーリプッタよ、素晴しい心がけだ。智慧ある者は、人の話を鵜呑みに信じてはいけない。まずは心を開いて、よく話を聞いたら、それを自分の中でしっかりと納得いくまで理解することが大切だ。理解し、納得出来たら、信じるがよい。」と言いました。絶対に間違うことのない大師の話で

リンク元

その他
スポンサーリンク
shindenforestをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました