スポンサーリンク

ゾウが癌にならない理由

その他
ゾウ。



ゾウは、とても身体が大きくて、長寿動物にも関わらず、
癌になる率は、4.8%。
人間の11-25%犬の23%と比べても、とても低い割合になっています。
ゾウの方が細胞数が格段に多い分、癌になる確率が高くても不思議ではないのです。
他にもケープハイラックスは1%、ライオンは2%など、
そして、
フェネックやクーガー、カンガルー、カピバラなどでもほとんど癌は見つかりません。


JAMA

米国医師会雑誌JAMAに、その理油を解明しようとした論文が掲載されました。
「Potential Mechanisms for Cancer Resistance in Elephants and Comparative Cellular Response to DNA Damage in Humans 」
ハンツマン癌研究所、米ユタ大学医学部、米アリゾナ州立大学などの共同研究です。
この論文によると、
ゾウは、
腫瘍の発育を抑制するタンパク質で「遺伝子の守護者」とも呼ばれる「p53」関連遺伝子のバリエーションが少なくとも38以上あることがわかったのです。
人間は、p53のバリエーションは2つしか持っていません。
さらに、ゾウは、傷ついてしまった細胞をアポトーシス(細胞死滅)させて、傷ついた遺伝子を拡げない能力がとても強いことも判明しました。

リンク元

その他
スポンサーリンク
shindenforestをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました