スポンサーリンク

金融機関の「おすすめ商品」は買った瞬間に負け確定

内科医
おはようございます。
銀行に足を運ぶと、「おすすめ商品」「イチオシ商品」となっている金融商品が必ず存在します。
多くの場合、金融機関側が売りたい商品ですので豪華なパンフレットが用意されていたり華美な広告宣伝が行われています。
もちろん、その広告宣伝費用は商品を売ることによって取り返す必要がありますので、その商品を販売して儲かるのは販売元であり顧客ではありません。
商品の内容自体はまともなものも存在しますが、そういった商品であっても明らかに割高な手数料を要求するものが多いです。
「金融機関のおすすめ商品は買ったら負け確定」と考えておくくらいでちょうどよいと思います。
金融機関の「おすすめ商品」は買った瞬間に負け確定
本日の記事の要点は以下の通りです。
1. 金融機関の「おすすめ商品」は買った瞬間に負けが確定
2. 過剰な広告宣伝費や人件費が全て手数料に含まれている
3. 顧客にとって本当に良い金融商品が派手に宣伝されることはない
以下詳細を見ていきます。
 
1. 金融機関の「おすすめ商品」は買った瞬間に負けが確定
証券会社や銀行などの金融機関は、投資初心者に対する「おすすめ商品」「イチオシ商品」を必ず準備しています。
おすすめ商品を売り込むために豪華なパンフレットが用意されていたり、ホームページ上でも一番目立つところで宣伝されていることが多いです。
金融機関が「おすすめ商品」を売

リンク元

内科医
スポンサーリンク
shinkei807をフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました