shinkei807

スポンサーリンク
内科医

SBI証券の「米ドル定期自動入金サービス」の概要と活用法

おはようございます。 SBI証券では、2022年6月3日から「米ドル定期自動入金サービス」が開始されました。 詳細は以下のページを御覧ください。 www.sbisec.co.jp 住信SBIネット銀行で両替した米ドルをSBI証券に自動的に入...
内科医

住信SBIネット銀行の外貨積立は為替変動の影響を平均化するために有用

おはようございます。 住信SBIネット銀行は「外貨積立」というサービスを提供しており、外貨積立を利用すると米ドルの場合、為替コストを2銭に抑えることができます。 SBI証券で日本円のまま外国株を購入しようとする(円貨決済)と通常は25銭の為...
内科医

VT、VTI、VOOの買付手数料が無料は反則級

おはようございます。 当ブログで以前にも紹介していますのでご存知の方も多いと思いますが、SBI証券、楽天証券、マネックス証券では買付手数料が無料になる米国ETFが存在します。 3社共通してVT、VTI、VOOはラインナップされており、金融理...
スポンサーリンク
内科医

【書評】齋藤孝『孤独を生きる』:孤独感と上手に付き合う方法をマスターしよう

おはようございます。 本日は斎藤孝先生の新刊『孤独を生きる』の書評です。 我々現代人は、ネットを通じて一日中人や情報と繋がっているため、真の意味で「孤独」というわけではありません。 その一方で、SNS上の人間関係など一昔前では存在しなかった...
内科医

「遠い将来より目先の利益」がゴール達成を困難にする

おはようございます。 株式投資を難しくしている大きな理由の1つに、人間は遠い将来の利益を思い浮かべることが難しく、目先の利益を優先してしまいがちだという点が挙げられます。 本当にやらなければならないことはその逆であり、一般に株式投資というの...
内科医

暴落時こそ相場格言「頭と尻尾はくれてやれ」を心がけたい

おはようございます。 「頭と尻尾はくれてやれ」は有名な相場格言でありご存知の方も多いと思います。 相場が順調な時にはこの格言の重要性を忘れてしまいがちですが、今現在のような暴落時には大変重要なアドバイスになります。 暴落の底を正確に見極める...
内科医

暴落を乗り切るための「仕組み作り」に力を入れよう

おはようございます。 2022年はロシアによるウクライナ侵攻、燃料や各種原材料費の高騰、急激な円安、欧米を中心とした極端なインフレと急激な金融引き締め策など波乱の展開になっています。 2021年末までものすごく平和で順調な相場が続いていまし...
内科医

学資保険とつみたてNISAはどちらを優先すべきか

おはようございます。 学資保険とつみたてNISAに関する以下のツイートが話題になっていました。 息子の学資保険解約して積立NISAに入れたいなーと思ったけど、それは旦那に反対された💦(積立NISAは了承してくれてる)学資保...
内科医

金融機関の「おすすめ商品」は買った瞬間に負け確定

おはようございます。 銀行に足を運ぶと、「おすすめ商品」「イチオシ商品」となっている金融商品が必ず存在します。 多くの場合、金融機関側が売りたい商品ですので豪華なパンフレットが用意されていたり華美な広告宣伝が行われています。 もちろん、その...
内科医

雑誌やインターネットでブームになっている株に手を出すのは禁忌

おはようございます。 現実世界で歩いた分だけお金が稼げるブロックチェーンゲーム「STEPN」が話題になっています。 www.itmedia.co.jp ゲームの認知度向上とともに仮想通貨の価値が急騰し、「歩くだけで誰でも稼げる」と話題になり...
内科医

【父の日にも】楽天スーパーセールで購入すべきおすすめ商品7選

おはようございます。 2022年6月11日まで楽天市場で3ヶ月に1度のスーパーセールが開催されています。 私は楽天プレミアムカードのユーザーですので、普段から楽天市場をよく利用しますが、急ぎでないものは楽天スーパーセールやお買い物マラソンの...
内科医

円安とインフレのダブルパンチで銀行預金の価値が大幅に低下

おはようございます。 2022年に入り、円安とインフレのダブルパンチで銀行預金の価値が気が付かないうちに大幅に低下しています。 長期的には円安が避けられないだろうとは思っていましたが、まさかここまで急激に円安が進行するとは考えていませんでし...
内科医

コロナ保険の保険金額減額措置から考える正しい保険の入り方

おはようございます。 今週号の『週刊ダイヤモンド』は保険特集でした。 その中で、少額短期保険会社のjustInCase(ジャストインケース)が販売していたコロナ保険が既契約者に対する保険金額減額措置をとったという記事がありました。 保...
内科医

日経マネーのハワード・マークス氏のインタビューは必読です!

おはようございます。 日経マネーの2022年7月号の中で、ハワード・マークス氏のインタビュー記事が紹介されており、それが非常にためになる内容でした。 日経マネー 2022年7月号 日経BP Amazon マークス氏は投資経験...
内科医

【6月・楽天スーパーセール】ふるさと納税のおすすめ返礼品5選

おはようございます。 2022年6月4日(土)〜6月11日(土)まで、3か月に1度の楽天スーパーセールが開催されています。 楽天市場を上手に使うコツは、急ぎでないものは楽天スーパーセールやお買い物マラソンの時期にまとめ買いすることです。 特...
内科医

投資を始めると貯金・節約も楽しくなり好循環が生まれる

おはようございます。 投資を始める前と後ではお金に対する考え方が変わることが多く、投資を始めた後の方が家計管理も上手になり貯金・節約自体が楽しくなることが多いです。 そのためには、少額でもよいのでできるだけ若いうちに投資を始め、資産運用でお...
内科医

「国民皆歯科健診」導入の可能性と歯科健診の重要性

おはようございます。 以下の記事によれば、「国民皆歯科健診」が導入される可能性があるようです。 news.yahoo.co.jp この施策が投入する金額に見合った価値があるか私には判断ができませんが、定期的な歯科健診の重要性は言うまでもあり...
内科医

iDeCoの加入対象年齢が65歳以上に拡大か?

おはようございます。 iDeCoの加入対象年齢が65歳以上に拡大される可能性があるというニュースが話題になっています。 www.nikkei.com この背景として、 ・少子高齢化の流れがますます加速する中、これまでの「60歳定年」が常識で...
内科医

SBI証券でVポイント投資が開始!

おはようございます。 SBI証券で、2022年5月30日(月)からVポイント投資が可能になりました。 Vポイント投資の詳細は以下のページを御覧ください。 www.smbc-card.com 基本的には楽天証券のポイント投資と変わらず、「1ポ...
内科医

楽天証券の「買付手数料無料 海外ETF 15銘柄」の活用法

おはようございます。 米国株・ETFを購入する時には約定代金の0.495%の買付手数料が必要ですが、取引回数が増えれば増えるほどこの手数料が馬鹿にならなくなってきます。 この買付手数料を節約可能なサービスとして、楽天証券では2020年から「...
内科医

リスクオフにより株式からコモディティへ資金が移動

おはようございます。 2022年2月以降、インフレやロシアのウクライナ進行などの影響で株式市場は調整局面を迎えています。 株式から逃げた資金がどこに移っているかですが、その1つとして金を始めとするコモディティ(商品)が挙げられます。 詳しく...
内科医

ビッグテック暴落は終わりの始まりなのか

おはようございます。 これまで米国株の成長を牽引してきたビッグテック銘柄ですが、2022年の調整局面に入ってからは厳しい局面を迎えています。 一部の評論家の中では、この現状を2000年のドットコムバブル崩壊になぞらえ「ビッグテック崩壊」と呼...
内科医

資産運用が国任せでなく自己責任の時代になった

おはようございます。 バブル崩壊後の日本はかれこれ30年にわたって賃金が上昇せず、その一方で超少子高齢化の影響で健康保険や年金などの社会保険料は上がり続けています。 その結果、実質賃金が下がり続けているという世界の中でも類を見ない異常事態と...
内科医

ビッグマック指数によれば日本円の価値は先進国で最低レベル

おはようございます。 皆さんは「ビッグマック指数」をご存知でしょうか。 マクドナルドは世界100カ国以上にグローバル展開しているため、世界各国でビッグマックが販売されています。 ビッグマック指数とは、その価格を国ごとに比較したものですね。 ...
内科医

面白い本に出会うために心がけるべきこと3選

おはようございます。 面白い本との出会いは人生を豊かにしてくれますよね。 世の中の大多数の方が面白いと絶賛している本であっても、それが自分には合わないということもありますが、それも含めて本選びというのは大変おもしろいものです。 私は最低でも...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました