スポンサーリンク

急性期病棟の看護師のチカラで、地域を変えよう。

医療機関
ラグビーを一言で表せば、僕は、スクラムだと思う。その中でも、いちばん大切なのは第1列の3人だ。プロップ-フッカー-プロップ。  8人でスクラムを組む。その中でも、いちばん大切なポジションは、プロップとフッカーと呼ばれる第1列だ。 背番号で言うと、1番と2番と3番。 彼氏にするなら、1番か3番って言うくらい。心優しく力持ち。チームの為に体を張る。 大好きな3番の先輩が昔、僕に話してくれたことがある。 バックス連中が、華麗にステップを踏み、トライを演出するその5メートルを手に入れるために、俺ら第一列は、スクラムの数センチの押し合いに命懸けや。 そこの1センチが、チームのトライを左右する。 縁の下の力持ち。カラダのおっきなプロップの先輩は、いつも僕の憧れだった。  地域医療ならどうだろう? 急性期病棟の看護師のチカラが、『お家に帰ろう』を左右する。まるで、ラグビーのプロップのようだ。  急性期病棟の看護師を育てよう。急性期病棟の愛に飢えた看護師に愛を。急性期病棟の看護師に地域の魅力を伝えたい。急性期病棟の看護師に地域で暮らす人々を知ってもらいたい。 そしたら、きっと、無敵の地域になる。 今日、仲良しの急性期病棟の看護師さんとお電話した。彼女

リンク元

医療機関
スポンサーリンク
clinic01をフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました