スポンサーリンク

神の詩 第五章十二節 7

その他
 神の詩 第五章十二節 7「心を統一した者(ヨーガ行者)は、行動の結果を捨てて、究極の平安に達する。心を統一していない者は、欲望のままに行動し、結果に執着して束縛される。(十二)」続きです。「これよりヨーガを詳細に説く。」ヨーガ・スートラ第一章一節「心の作用を止滅することがヨーガである。」ヨーガ・スートラ第一章二節チッタ・ヴリッティ・ニローダ(心の作用の止滅)「揺れ動く心を制御することにより、心が統一される。心の作用が止まり静謐になった時に真我が完全に顕現し、神と結合する状態となる。」これがヨーガ(結合)の基本的な定義になっています。チッタcittaとは、心の総体を意味しています。心を統一して最高の意識状態に至った者をシッダcittarと呼びます。どちらも絶対的意識citに由来するものです。心の基本体にはアハンカーラがあります。アハンカーラとは、「私を創る道具」であり、自我を形成する基本的な心の構成要素になります。この背後にはブッディがあり、理知的な能力、識別能力が心に生まれます。さらにマナスが欲望を発生させる働きを持ちます。マナスは英語ではよくマインドと訳されます。これらが心の主体となって働きます。続きます。精解 神の詩 聖典バガヴァッド・ギーター 1森井 啓二きれい・ねっと2021-08-20今日もありがとうございます。ブログランキング参加しています。応援クリックお願

リンク元

その他
スポンサーリンク
shindenforestをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました