スポンサーリンク

読書をしてアウトプットするだけで人に先んずることが可能な時代

内科医
おはようございます。
通勤電車に乗って周囲の人を眺めていると、大半の人は「スマホでゲームやSNS、動画などに興じている」か「朝一番なのに疲れすぎて眠っている」のどちらかです。
読書をしている方は20人に1人いるかいないかといったレベルでしょうか。
これは、毎日通勤時間を利用して読書をし続けるだけで、上位5%に入れる可能性があることを示しています。
本日は読書を通じて学び続けることとアウトプットの重要性について紹介します。
読書をしてアウトプットするだけで人に先んずることが可能な時代
本日の記事の要点は以下の通りです。
1. 読書をしてアウトプットするという基本を続けられない人が多い
2. 読書後のアウトプットにより知識が定着する
3. スマホゲームの時間を紙の読書にするだけで人に先んずることが可能
以下詳細を見ていきます。
 
1. 読書をしてアウトプットするという基本を続けられない人が多い
世の中の変化のスピードがどんどん加速しており、5年前、10年前の知識・スキルがすぐに使い物にならなくなるという事態が当たり前のように発生しています。
「職場の中で使い物にならない人」にならないためには、自ら主体的に学び続ける必要があります。
もちろん、自らスキルを向上させようとしない方にも優しい職場というのは存在しますが、そういったぬるま湯につかっていると、いざ転職市場の中に身をおいた時に自

リンク元

内科医
スポンサーリンク
shinkei807をフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました