スポンサーリンク

洗脳と不幸の連鎖 ~なぜこんなトリックに引っかかるのか~

カウンセラー
7月になりましたね。最近、友人に会ったら「Pさん、話し方が変わったね」とホメ られました。(たぶん)  『私は先日、3か月付き合った彼に振られました。そのあとどうすれば良いのかがサッパリ分からなくて別の霊媒師さんのところに行ってみました。その先生は、彼の写真を見て「この子ならきっとまた帰ってくるよ」とお告げになりました。すると、なんということでしょう!彼から「ゴメン、また会ってほしいんだけど」と連絡が入ったのです。 それからも、先生のご託宣に従っていると良いことばかり続きます。私は衝動的に動いてしまうことが多いのですが、どんなことでも丁寧に教えてくださるので、とても助かっています。以前の先生は予言が当たらず辛くて、何人も変わったのですが、この先生は絶対大丈夫。だって、先生の身代わりの人形が、私をいつも見守っていてくださるのですから』 たぶん、人形さん、高かったのでしょうね。 「不幸の連鎖」という言葉をご存知でしょうか。ごくカンタンに言えば「不幸ばかり続く」 ということですが、実際の生活では「不幸」ばかり続くことは確率的に考えられません。 100円玉を上に投げて、地面に落ちた時裏と表の出る確率は<同じ>という理屈は お分かりでしょうか。ところが、「不幸ばかり続く」というのは、「不幸」が「コインの

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました