スポンサーリンク

体重減少に過ぎること。

その他
「人間、 食べられなくなったら終わりだよね」――これは、事あるごとに母と言っていた言葉だ母が甲状腺がんの転移により余命を告げられ、身体が衰弱していったとき、「食べなきゃ」「食べられなくなったら終わりだ」と、一生懸命食事を摂ろうとしていたその証拠に、“末期”と聞くと痩せているイメージがあるが、母はそんなことはなかった亡くなる1か月ほど前の食事会では、私より食べていたくらいだその私は、数年前から体重が落ちる一方もちろん波はあるが、おやつや食後に甘いものを食べなければ体重が維持できない「どれだけ間食でもっているのか...」食事の量が充分ではないのは自覚しているが、食べられないのだこの数日、おやつを食べなかったことで、再び体重減40㎏を切ることはしばしばあるが、さすがにここまで落ちると危機感を覚えるそして頭を過ぎるのは、「身体の中にがんがあるのではないか...」ということがんがあるせいで身体中の栄養素が奪われ、痩せてゆく――いや、もちろんそんなことはないが、そう思ってしまうのは、がんを経験した故の思いなのだおやつを食べれば、あまり身体に良くないが、食べなければ体重が維持できない痛し痒しである――  「嗚呼、今日も朝を迎えた」――  つらいことがあった翌日の朝は、  いつもと景色が違って見える  憤り...  悔しさ...  哀しみ...  そこには様々な感情が交錯している  こんなことって

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました