スポンサーリンク

丁寧に診療を続ける事の大切さ

外科医
◆ブログランキングに参加してます◆ ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を 一人でも多くの人に知って頂くために、 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!            みなさま、おはようございます2代目ガンちゃん先生です最近、治療もたくさんあるのはもちろんなんですが、講演や発表の依頼もたくさんありすぎて、準備に追われています講演や発表は、貴重な機会ですし、依頼して下さるのも、何かの意味や意図があってと思うので、断らないと決めていますでも、ちょっとパンク気味かもです(笑今日は、治療の経過というよりも、こんな患者さまもおられるという感じのご紹介ですその方は、2年ほど前に、突然、岩本内科に来られました最初に来られた時に、肝不全に近い状態、貧血もあって、腎機能も低下していて、ぼろぼろの状態でした比較的遠方の病院で、肝臓がんの治療を受けておられ、放射線治療を受けられたそうなのですが、その後、調子が悪く、お住まい近くの肝臓の専門の病院をと探して、岩本内科に来られたようです調べてみますと、十二指腸、胃から放射線治療の影響でじわじわ出血している状態で、それが持続していて、肝機能と腎機能が低下していましたまず、ご入院いただいて、肝臓を守り、腎臓を守り、治療を続けましたですが、放射線による胃腸炎はなかなか治癒しません結局、数か月ご入院頂いて、なんとか、出血も収まり、退院となり

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました