スポンサーリンク

毒親との対決

カウンセラー
最近、梅雨が本当にあけたのかどうか疑問に思ってしまいますね。    幼いころから「困ったお母さん」(=毒親)に苦しめられてきた方(特に女性)の中 には、成人前後に一大決心をして 『私がどんなに 苦しいか わかってるの』  と 泣いて訴えたり、兄弟連合軍を結成して抗議したり、暴れたり叫んだりした方も 多いと思います。 ところが、毒親側の答えは9割が次のようなもの。 ①私はあなたのことを差別したり、イジメた覚えはありません。 ②子供のころから、塾にも遊びにも行かせたはずです。 ③お母さんのほうが、よっぽどしんどかったんよ。 ④どうして今頃そんなことを言うわけ? 特例として ⑤ちっともわからなかった。辛い思いをさせてゴメンね。  (このうち、80%は”形式的”だと思われますが・・・) どうしてこんなことになるのかというと、 母が発達障害またはパーソナリティ障害 というケースが大半だと思われます。 この場合、どちらも<自分のした行動や行為>と<自分が何を思っていたか> という2点が、かけ離れたポジションにあります。「自分が子供を好き」 なのに、

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました