スポンサーリンク

その治療法が本当にベストか?「うるさい人」ほど生き残る!

その他ドクター
ブログランキングに参加しています。皆様の応援クリックが励みになります!
 
日本の統合医療の第一人者である川嶋朗医師著『医者に聞きたくても聞けないがんの質問41』
川嶋先生は、冒頭で、日本人は2人に1人ががんになり、3人に1人ががんで亡くなる時代でありながらがんの知識が乏しいため、医者に自分の命を丸投げしている人がほとんどであること。知識をもたなければ適切な治療は受けられないので、患者さんがきちんとした情報を入手して、治療を自分で選ぶよう呼びかけています。
そして、本書を通してがんのことを多くの方に知っていただき、自分の命を守るために医者にどんどん質問できるようになってほしいと述べておられます。
(以下本文より抜粋)
第7章 がんに勝つには?
質問:どうすればがんに勝てますか?
がんの根本原因を正して、正常細胞のがん化を防ぐ
生活習慣を見直し、いつも心をポジティブにしておくように意識していれば、正常細胞を元気に活動させることができるはずです。がん細胞は、毎日3000~5000個できていますが、正常細胞が元気に活動していれば、私たちに備わっている「自分で治す力」、つまり自己治癒力が働いて、私たちが本来もっている修復機能や免疫システムの働きが正常に働き、がん細胞が大きくなることを止めることができます。
ふだんから、自己治癒力を高めるような努力をしていれば、がんを食い止める

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました