スポンサーリンク

2019年のふるさと納税は本日中にさのちょくを利用しましょう

内科医
おはようございます。
明日から大阪府泉佐野市、静岡県小山町、和歌山県高野町、佐賀県みやき町の4自治体がふるさと納税の制度から外されます。
その中で、皆さんご存知の通り泉佐野市がオリジナルのふるさと納税サイト「さのちょく」で驚異的にお得なキャンペーンを開催中です。
furusato-izumisano.jp
今年のふるさと納税をまだ済ませていない方は、本日中に駆け込みで「さのちょく」を利用すべきでしょう。
2019年のふるさと納税は本日中にさのちょくを利用しましょう
2019年の年収が確定しないと上限の算出は困難だが・・・
今年の年収が確定していない現時点では、自己負担2000円でいくらまでふるさと納税が可能か正確な算出は困難です。
とはいえ、例年の年収から考えて「◯◯円までならば安全圏」というのが分かるはずですから、まずはその範囲内で納税するのがよいでしょう。
実際、整形外科のゆる医先生は泉佐野市のふるさと納税でビールを30万円分手に入れています。 
ふるさと納税泉佐野市ビール30万円分。 pic.twitter.com/jA0xAIO1xk
— 整形外科医だーーーー。 (@randtkikaku) 2019年3月17日
私も30万円には遠く及びませんが、約10万円分を駆け込みで納税しました。
 
「さのちょく」では返礼品が急ぎでなければCコースがおすすめ
「さのちょく」のふる

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました