スポンサーリンク

【糖尿病】「ペットボトル症候群」とは

健康法
 都内では、熱中症とみられる搬送者が16日午後3時の時点で8人となっています。
 危険な暑さを乗り切り、熱中症予防に欠かせないのが水分補給。でも、気を付けないと思わぬ健康障害につながる恐れが…。
 こちらの女性、10年ほど前に体調を崩して、固形物が食べられない時期があったといいます。
 みいすけさん(40代):「栄養が足りないと思ってスポーツドリンクを飲んでいた。一日4〜6リットルぐらい飲んでいた」
 そうした生活が3カ月続いたころ、体に異変が。
 みいすけさん(40代):「当時、吐き気とトイレがすごく近くなった。あとはやたらと喉が渇く。すごい腹痛に襲われまして救急車を呼んで病院に運ばれて、そこで糖尿病っていうのが分かった」
 彼女の体に起きていたこと、それはペットボトル症候群。
 糖分を多く含む飲み物などを大量に摂取し続けることで起きる急性の糖尿病です。
 東邦大学医療センター大森病院・弘世貴久教授:「こんなことになっているとは。検査をするまでつゆほども思わなかったという人が多い。そこが怖いところ」https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000265212.html疲れていてもブドウ糖入れると動けますから、、それで勘違いしちゃう。食事しないでスポーツドリングで仕事続けていたら簡単に糖尿病になる。スポーツド

リンク元

健康法
スポンサーリンク
karadajikuをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました