スポンサーリンク

神の詩 第五章十六節 2

その他
jñānena tu tad ajñānaṃ yeṣāṃ nāśitam ātmanaḥteṣām ādityavaj jñānaṃ prakāśayati tat param 5.16「真我を知って無智を破壊した時、彼等の知識は太陽のように、至高者を照らし出す。(16)」続きです。私たちの真我は、いつでも自我が無智に気付くように、さまざまな形でサインを送ってくれています。「法華経」には、「法華七喩(ルビ:ほっけしちゆ)」という七つの喩え話が収録されています。これは、法華経の教えを誰にでもわかりやすく理解してもらうために、七つの喩え話にして、仏の法を説いたものです。その中に「衣裏宝珠(ルビ:えりほうじゅ)の喩え」という話が出てきます。ある貧しい男が諸国を放浪していました。男は持ち金がほとんどなく、とても苦しい状態でした。旅の途中で、男は旧友とばったり出会い、その友人宅に一晩泊めてもらうことになりました。男はそこでたくさん酒を飲み、酔いつぶれてしまいます。実は友人は、その男の旅を援助するために、高価な宝石をあげるつもりでいました。けれど、酔いつぶれている男に宝石を渡しても、失くしてしまうかもしれません。そうこうしているうちに、急用が出来て、出かけなければならなった友人は、寝ている男の衣の裏に宝珠(とても貴重な宝石)を縫い付けてから、出かけていきました。注意深く衣を扱えば、すぐに宝珠が

リンク元

その他
スポンサーリンク
shindenforestをフォローする
スポンサーリンク
お医者さんの人気ブログまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました